働きながら学ぶ世界トップクラスのMBA / オープン・ユニバーシティ ビジネススクール




学生・卒業生の声

In 1998, I decided to make a career change and leave hospital medicine to pursue a career in the pharmaceutical industry with Pfizer in the UK. I quickly recognised the need to improve my management skills and I wanted a course that would fit in with my busy lifestyle that necessitated much travelling. My training as a doctor had made me realise that the learning model which best suited me was one where I could learn the theory and quickly apply this to my own working life and issues. For these reasons, I chose to complete the Professional Certificate in Management and Professional Diploma in Management courses through the OU Business School.

In 2000, I was promoted to Medical Director in Ireland with responsibility for the medical management of all Pfizer Medicines in Ireland. My new role meant that I required people medical management, strategic management, marketing and creativity skills. I made the decision to continue my business training and complete my MBA. The MBA allowed me the opportunity to network with people in many different areas and countries. There was advice on how to study on a distance learning course which helped me to fit the coursework into an already busy life. Rarely able to attend the face-to-face tutorials because of work and family commitments, I relied on the computer conferences to keep in touch with other students on the course, especially those from my study group. During the courses, I attended the short compulsory residential school, which helped me to consolidate my learning and provide an opportunity to talk with students and tutors from outside the study group. Finally, four years after embarking on the first course, I was a proud fully-fledged MBA graduate. All of this was achieved while working full-time, moving home, being involved in charity events such as a marathon and a 75km hill walk and finding time for my wife and three children. That’s the beauty of distance learning - you can fit your study around your life and obtain a proper study-life balance.

1998年、私は病院の勤務医からキャリアチェンジして製薬産業に入ることを決断し、ファイザー・ケミカル英国支社に入社しました。入社してすぐにマネジメント・スキル向上の必要性を痛感し、出張が多く多忙なライフスタイルにフィットしたコースを受講したいと思うようになりました。医師としての研修経験からも、自分に最適なラーニング・モデルは、理論をすぐに実務での課題に応用できるものだと考えました。このような理由から、オープン・ユニバーシティ ビジネススクールのProfessional Certificate in Managementと Professional Diploma in Management コースを受講することにしました。

2000年にアイルランド担当医局長に昇格し、アイルランドのファイザー・メディスン全体の医療マネジメント責任者となり、新しい役割において人的医療マネジメント、戦略的マネジメント、マーケティングおよびクリエイティブ・スキルが必要になりました。そこで、学習を継続してMBAプログラムを修了しようと決断しました。受講中には、世界各地の人々とネットワーキングする機会に恵まれました。また、遠隔での学習方法についてもアドバイスを得ることができ、すでに多忙を極めていた生活に学習を組み込む助けになりました。仕事や家族の関係で対面チュートリアルになかなか参加できなかった私は、他の学生(特に同じ学習グループの方々)との意見交換はコンピュータ会議に頼っていました。短期レジデンシャル・スクールに参加したことで、学習内容を総括することができ、また学習グループ外の学生やチューターとやりとりすることができました。

最後に強調したいことは、4年間学習したMBAプログラを修了し晴れて学位を取得することができたのは、フルタイムで仕事をし、引越ししたり、チャリティー・マラソンや75キロトレッキングに参加したり、妻と3人の子供たちの家族と過ごしたりしながら学習を進められる遠隔教育の素晴らしさにあります。学習を生活に組み込むことで、スタディ・ライフ・バランスを確立できるのです。

※寄稿はすべて英語で行われ、ネットラーニングにより翻訳されました。

学生・卒業生一覧


MBAクオリティ


The Open University Business School AACSB AMBA
EFMD EQUIS  

MBAプログラム 説明会お申込みはこちら