働きながら学ぶ世界トップクラスのMBA / オープン・ユニバーシティ ビジネススクール




学生・卒業生の声

I am a 2009 Open University Business School MBA Graduate.

I’m 42 years of age and live in Colchester with my wife Renata and have one son of 19 years of age who is reading English at Royal Holloway, University of London.

I am currently a Change Assurance Manager with RBS Group and have been with that organisation for the past 20 years. Prior to which I worked for Midland Bank (now HSBC) and Westpac Banking Corporation, an Australian Merchant Bank.

As well as completing MBA, I also have project management qualifications through the Association for Project Management APMP, management qualifications, again through The Open University, Banking Qualifications through the Chartered Institute of Bankers and a BTEC Business and Finance Diploma back in the days when I was young and pretty!

Why I chose the OU
Having undertaken some specific training courses and qualifications throughout my career, I started looking into ways to improve my CV and add broad and credible qualifications to augment my expansive experience, making myself more marketable inside and outside of Royal Bank of Scotland. It didn’t really take long to realise that MBA was the qualification to have and I set about looking at the various study options.

My organisation were unlikely to support the full MBA cost in one chunk and regular day release or flexible working were not options at the time, plus I didn’t have twenty grand tucked behind the sofa, all of which made my ambition more difficult to fulfil. I chose The Open University as it was one of the few learning organisations that could cater for my specific learning criteria: self study/distance learning, modular based, flexible and with an affordable fee structure.

My learning experience
I started off by doing the Professional Certificate in Management and then the Professional Diploma in Management back to back, to get a head start on the core competencies, to acclimatise myself with the method of study and to also test whether I could actually manage to work full-time and study at the same time. I actually found the work/life balance manageable and surprisingly found the study to be considerably less taxing than I had imagined, which was probably due to having extensive work experience against which the dry theories of text book could be applied.
Having passed these two qualifications, I decided to commit to starting and completing the core MBA modules. As I have mentioned, I very much favoured the modular approach and the flexibility of the OUBS as it allowed me to study 6 months on and six months off. My idea was to continue training for and competing in triathlon events during the summer months and then to study during the wet and dark months of November to May. The plan worked perfectly and although I could have completed the MBA in a much more compressed time, the flexibility allowed me to enjoy all aspects of life, work and study without going crazy or feeling the need to inject heroin into my eyeballs!!

Doing an MBA mid-career was definitely the best option as the combination of real life experience and theory went well together and in fact made the work much easier, an advantage that some of my younger fellow students did not have. Conversely, quite a lot of the acquired knowledge from the course seemed to become almost instantly applicable to what I was doing at work at that particular time, a phenomenon that the philosopher Karl Yeung referred to as ‘Synchronicity’ and produced quite a few ‘wow’ moments, when the MBA penny really dropped for me.

I continued with my study plan as anticipated and was also lucky enough to get funding from my employer on a modular basis and 10 days study leave per year in recognition of the fact that I was studying for an advanced qualification in my own time, that would ultimately benefit the business. In September 2009 I submitted by final paper and in May of this year attended the grandiose graduation ceremony at the Barbican in London, where I don’t mind admitting that I reflected, probably for the first time, on all the forty-odd assignments and ten or so exams and felt very proud of myself.

Summing up
In summary, the format, course make-up, learning style, flexibility and cost all worked well for me. I encountered no problems, understood and learnt from all I did, I am applying the acquired knowledge daily and of course, critically, I now have an MBA.

I have recommended the MBA course, the Management Qualifications and the Open University in general to pretty much anyone who wanted to listen to me and I know at least 3 friends and colleagues who are following the same route I have. But for now I am an officially retired student, my Student Union card has expired and I am having to pay full price at the cinema. Also I can safely say that I have spent enough time studying, but as the phrase goes, ‘never say never’.

私は、2009年にオープン・ユニバーシティMBA を修了しました。

42歳の現在、私は妻のレナータと英国Colchesterに住んでいます。19歳の息子はロンドン大学ロイヤル・ホロウェー校で英語を専攻しています。

私は現在、RBSグループでChange Assurance マネジャーを務めており、勤続20年になります。その前はMidland Bank (現HSBC) とオーストラリアの商業金融機関であるWestpac Banking Corporationに勤務していました。

MBAに加えて、 Association for Project Management (APMP)のプロジェクト・マネジメント資格をオープン・ユニバーシティにて取得しました。他にChartered Institute of Bankers の銀行業務の資格、BTEC ビジネス&ファイナンス免状を麗しき青年時代(?) に取得しております。

私がオープン・ユニバーシティを選んだ理由
今までのキャリアにおいて各種研修を受けたり、資格を取得したりしてきましたが、Royal Bank of Scotland在職時代、私の履歴書をより魅力的にし、広範囲にわたる職務経験を増大させる包括的かつ信頼性の高い資格を取得することにより、自分自身を社内的にも対外的にも市場価値の高いものにしたいと考えるようになりました。そのためにはMBAが最適と考え、様々な学習オプションを検討しました。

所属する組織からはMBA学費の一括補助が出る見込みもなく、平日に通学するための外出やフレックスタイム勤務は当時選択できず、ソファーの後ろに2万ポンドをへそくりしているということもなかったため、私の野望を実現することは困難でした。そんな中でオープン・ユニバーシティを選択したのは、自学自習が可能であり遠隔で学習できること、モジュール・ベースの講座であること、フレキシブルであること、学費がリーズナブルであることなどの私の条件を満たしていたからです。

学習体験
私の場合はまずMBAの一段階前の資格であるProfessional Certificate in Managementを取得し、続いてProfessional Diploma in Managementを修了しました。コアである適性を見ることでいいスタートを切り、オープン・ユニバーシティの学習メソッドに慣れ、フルタイム勤務との両立が可能であるかを試すためです。実際このワークライフバランスは容易で、思ったほど負担になりませんでした。それまでの長い実務経験に、学術的理論を応用できたからです。

無事2つの資格を取得し、MBAプログラムのコア・モジュールを終えるべく学習を開始しました。先に述べたようにモジュール形式の学習アプローチとオープン・ユニバーシティのフレキシブルな受講形態はとてもよく、半年学習して半年休むということも可能で助かりました。トライアスロンのトレーニングと競技参加を夏中継続して行い、イギリスの気候で寒く雨の多い時期(11月から5月)に学習するという私の計画が完璧に実行できたのです。継続学習すればもっと早くMBAを取得することが可能であったにも関わらず、このフレキシブルな学習方法によって私は人生のあらゆる面を同時に楽しむことができました。仕事をし、勉強し、ヘロインを眼球に注入したくなるようにあせることもなく、です!

キャリア途中でMBAを目指すことは、ベスト・オプションだと私は自信を持って言えます。 現場での経験に理論を上手く応用できるので仕事が進めやすくなり、若いMBA同期生に比べて有利でした。逆に言うと、学習から得るナレッジをすぐに当時の仕事に応用できたことは、まるで 哲学者カール・ユングの「シンクロニシティー」現象のようで、MBAの意味が本当にわかった瞬間でした。

学習プランどおりに継続できたことと、会社の支援が分割受給できたこと、勤務時間外に実務に生かせる高等学位取得のため自主学習していることが評価されて、年間10日の研修休暇が付与されたことはとてもラッキーでした。2009年9月に最終課題を提出し、2010年5月にロンドンのバービカンセンターで厳かに行われた卒業式に出席した時、たぶんはじめて、「40数個の課題と約10回の試験に耐えて、我ながらよくがんばった」、と自分をほめてあげたい気持ちでいっぱいになりました。

結論として
オープン・ユニバーシティMBAプログラムの形態、コース構造、学習スタイル、フレキシビリティー、コストすべてが私にとってよく合いました。受講中問題には全く遭遇せず、内容全体を理解して学ぶことができ、毎日学んだことを実践して仕事に役立てています。そして今までとの大きな違いは、私がMBA保持者であるということです。
私はこのMBAプログラムとその他の経営学資格およびオープン・ユニバーシティそのものを、周りで耳を傾けてくれる人たち全員に推薦しています。私の知る限りでは、友人・同僚の最低3名は、私のMBAの後輩になりました。今は退役MBA 受講者としてオープン・ユニバーシティの学生組合カード割引がないので、映画館で普通料金を支払わなければならないことがいささか残念なこと以外は、「本当によく勉強した。もう一生分の学習をしただろう」と真面目に語ることができます。しかし、映画のタイトルにあったように、ネバー・セイ・ネバー(「人生で二度とないことはない」)なので、挑戦は続くでしょう。

※寄稿はすべて英語で行われ、ネットラーニングにより翻訳されました。

学生・卒業生一覧


MBAクオリティ


The Open University Business School AACSB AMBA
EFMD EQUIS  

MBAプログラム 説明会お申込みはこちら