働きながら学ぶ世界トップクラスのMBA / オープン・ユニバーシティ ビジネススクール




学生・卒業生の声

My project for the Making a difference course was implementing an intranet for the organisation I used to work for. Interestingly, as a result of the course – and in particular the choice of the project for making a difference in my organisation – I succeeded in not only influencing my previous organisation in implementing an intranet solution but am currently project managing a project to set up a global intranet for my current organisation. On reflection, I don’t know if I would have been able to take up this role without the knowledge I got from this course. It taught me that it is the processes, the soft elements and issues of leadership, cross-boundary management, ability to influence and other vital elements that matter in project management, rather than pure technical skills. In fact, I remember my tutor highlighting these facts in feedback to my tutor marked assignments.

私のMaking a difference コース(卒業課題にあたるもの)のプロジェクトは、前の職場におけるイントラネット整備でした。
おもしろいことに、このコースのおかげで、中でも特に、所属する組織に変化をもたらすプロジェクトを選んだことで、前職の組織のイントラネット・ソリューション導入に成功したばかりでなく、現在所属する組織で取り組んでいるグローバル・イントラネット構築プロジェクトの立ち上げにも役立っています。
振り返ってみると、このMBAコースで修得した知識なしでこの役割を果たすことはできなかったかもしれません。
プロジェクト・マネジメントとは単なる技術スキルではなく、プロセス、ソフト面や、リーダーシップ、異文化マネジメント、よい影響を与える能力など様々な必須条件で成立っていることを学びました。
このことを、私のチュータも提出した小課題へのフィードバックの中で強調していたことが記憶に残っています。

※寄稿はすべて英語で行われ、ネットラーニングにより翻訳されました。

学生・卒業生一覧


MBAクオリティ


The Open University Business School AACSB AMBA
EFMD EQUIS  

MBAプログラム 説明会お申込みはこちら